09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第541話 黄猿登場!タイガーを狙う罠! 

テレビアニメワンピース(Onepiece)第541話 黄猿登場!タイガーを狙う罠!は、
引き続き、ジンベエが語る昔話です。

15年前、冒険家フィッシャー・タイガーは聖地マリージョアを襲撃して、
奴隷たちを解放し、タイヨウの海賊団を結成しました。

そのことで、魚人島ではタイガーは英雄と呼ばれ、
それを賞賛する魚人の中には、子供の頃のホーディ・ジョーンズたち、
後の新魚人海賊団の幹部たちもいます。

タイガーの行動が人間との決別を意味すると思った魚人たちは、
人間との共存を説くオトヒメ王妃の言葉に耳をかさなくなってしまいました。

タイヨウの海賊団は、政府からは大犯罪者集団とみなされ、狙われます。
その指揮を執っていたのは、後の海軍大将黄猿、当時海軍中将のボルサリーノでした。

しかし、実際のところは、行き過ぎて人を殺してしまうアーロンや
やりすぎてしまうジンベエを、タイガーはたしなめ、自分達は人間のように、
殺すことはしないと誓います。

自分達のやっていることは、解放と自由であって復讐ではないと。
ところが、ある夜、タイガーはジンベエに向かって、
「俺は自分の中にいる鬼が一番怖い」ともらしますが、
そのときに、ジンベエには、タイガーの真意はわかりませんでした。

そんな折、タイヨウの海賊団は、ある島で、11歳の少女と出会います。
今から12年前のこと、3年前のタイガーによる奴隷解放の際に、
共に解放された人間の奴隷たちが、少女コアラを故郷に送り届けて欲しいと言います。

元奴隷だった少女のコアラは、奴隷の生き方が身体に染み付いていて、
誰にも心を開きません。泣くことをせず、働くことを辞めず、常に薄笑いを浮かべています。
同じ奴隷が泣いたり、働くことをやめただけで殺されるのを見てきたからでしょう。

そんな心を閉ざしたコアラをタイガーは部屋に呼び、
天竜人の烙印(奴隷である証)をタイヨウの海賊団の紋章(焼印)で覆い隠します。
そうして、それでも痛みに耐えて泣かないコアラに向かって、
目の前で銃を海に捨てて「俺たちは誰も殺さない」と言い、そうして、
仲間たちに、コアラを必ず故郷へ送り届けるように命じます。

その姿に、少女コアラは押し殺していた感情が動き出し、涙します。
ここまでがテレビアニメワンピース(Onepiece)第541話 黄猿登場!タイガーを狙う罠!
のストーリーです。

はたして、黄猿の仕掛けた、タイガーを狙う罠とは何か?
それはまだ明らかになりません。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/75-1c8fdbdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。