07« 2017 / 08 »09
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第546話 突然の悲劇!未来を閉ざす凶弾 

第546話 突然の悲劇!未来を閉ざす凶弾で、アニメワンピース(Onepiece)は、

ストーリーがいろいろな意味で急展開します。

魚人島の命運をかけたオトヒメ王妃の行動は、竜宮王国を不安でいっぱいにしました。
あの天竜人がオトヒメ王妃を無事に帰してくれるとは思えませんが、
人々は王妃の無事を祈ることしかできませんでした。

海王類を操ることの出来るしらほし姫の力を知ったバンダー・デッケンだけは、
オトヒメ王妃のことなど心配することなく、
しらほし姫を自分のものにすることをもくろみます。

王妃の心配をする人々にとっては100日にも感じられる1週間が過ぎたとき、
オトヒメ王妃が無事に魚人島に戻ってきました。
それだけではなく、数日に及ぶオトヒメ王妃の説得は横暴な天竜人の心を静めただけでなく、
魚人島の未来を変える天竜人の一筆を獲得してきました。

天竜人が魚人たちの署名の後押しをしてくれることになったのです。

再び署名活動を開始するオトヒメ王妃、そうして、今度は前とは違い、
順調に次々と署名が集まります。
用意していた小さな箱では足らないほどに署名を持った人たちが押し寄せます。

ついにオトヒメ王妃の心が国民に通じたようです。
魚人島の未来に希望の光が差してきました。今度は嬉し泣きで涙する王妃。

これで王妃の夢は叶い、魚人島の子供たちの未来が変わると思われました。

そうして、王妃の口からも王子たちに、海王類を呼んだのはしらほしだと伝えられます。
数百年に一人誕生する伝説の人魚姫こそしらほし姫で、
その姫が誕生したとき、姫を正しく導く者が現れて世界が変わるという言い伝えがあると。

王妃は王子たちに妹であるしらほしの未来を託します。

そうして全てが上手くいくと思われたとき、事件はおきました。

集まった署名から突然火の手が上がりました。
大切な署名を守ろうとするオトヒメ王妃を何者かが銃で撃ちます。

撃たれて倒れるオトヒメ王妃、かけよる王子たち、そのとき、しらほし姫は呆然として、
大きなショックを受けます。狙撃手に怒る王子たちに対して、オトヒメ王妃は、
犯人が誰だとしても恨まないようにと諭します。

しらほしは、泣き崩れ、また海王類を無意識に呼びそうになりますが、
そんなしらほしを止めたのは、次男と三男のリュウボシ王子とマンボシ王子でした。
母の命の危機に涙しながらも、無理やり楽しそうにダンスをして妹の姫の心をおさえます。

そうして、王妃はネプチューン三兄弟の王子たちと
しらほし姫へ意志を受け継ぐ指きりをして、その生涯を終えました。
ここまでが、アニメワンピース第546話 突然の悲劇!未来を閉ざす凶弾です。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONEPIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/80-c80dbbb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。