08« 2017 / 09 »10
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

アニメワンピース(OnePiece) あらすじブログ

ワンピース(OnePiece)アニメのあらすじです



スポンサードリンク



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサードリンク






スポンサー広告 | -- trackback |  -- comment

△page top

第55話 奇跡の生物!アピスの秘密と伝説の島 

第55話 奇跡の生物!アピスの秘密と伝説の島は、引き続きアニメOnepieceの
アニメオリジナルストーリー「軍艦島編」です。

ルフィたちが入り込んでしまったカームベルトとは凪の帯のことで、
グランドラインをはさむ2つの海域は、まったく無風の凪の海域でカームベルトと呼ばれ、
それだけではなく、超大型の海王類の巣という非常に危険な海域でした。

ですが、気づいたときにはもう遅く、ルフィたちは船ごと超大型海王類の頭の上です。
しかも、周りも大型の海王類だらけ。万事休すだったのですが、アピスの機転で、
ルフィとアピスによって海王類にくしゃみをさせて、その勢いで、ルフィたちは、
カームベルトから無事抜け出し、アピスのふるさと軍艦島に到着することができました。

島では、ボクデンと呼ばれるおじいさんに、豚マンをご馳走になることになったのですが、
豚饅が出来るまで4~5時間かかり、その間、ボクデンじいさんの話を聞くことに。

ボクデンじいさんの話では、軍艦島には伝説があり、その昔海に沈んだロストアイランド
という島の末裔がボクデンじいさんやアピスだということで、そのロストアイランドには、
千年龍(せんねんりゅう)と呼ばれる竜が住んでおり、その龍の骨、龍骨(りゅうこつ)は
不老不死の妙薬になるという伝説です。

長い話が嫌なアピスはさっさとその場を逃げ出し、その後、ルフィとナミも、外に出ると、
豚饅がありません。アピスもいません。何かをひきずった跡が残っていたため、
その跡をたどり、山の裏側のほうに行ってみると、そこにアピスがいたのですが、
なんとアピスと一緒にいたのは、伝説の千年竜でした。

アピスは悪魔の実のヒソヒソの実の能力者で、動物の心がわかるため、
千年竜とも話ができるし、前に海軍に追われたときも、海鳥から風が来ることを聞いた。

アピスと一緒にいる千年龍は、もう年寄りで、アピスは龍爺(りゅうじい)と呼んで
いましたが、りゅうじいのツメをペンダントにしていたことが、
海軍に狙われた原因でした。

千年龍のりゅうじいは、ロストアイランドへ帰りたがっているということで、
ルフィは、りゅうじいをロストアイランドへ連れて行ってあげると約束してしまいます。
地図にも載っていない、海に沈んだという伝説の島に、ルフィたちは行けるのか?
その場にいたナミも「仕方ない」とルフィに賛成してしまいましたので、
これから、ルフィたちはロストアイランドを探すことになりそうですが、軍艦島の沖には
ネルソン提督の手先、エリックが、アピスを狙ってやってきています。

ここまでが、第55話 奇跡の生物!アピスの秘密と伝説の島のあらすじです。
関連記事



スポンサードリンク






テーマ: ONE PIECE - ジャンル: アニメ・コミック

△page top

この記事に対するコメント:

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック:

トラックバック URL
→http://onepieceanimation.blog.fc2.com/tb.php/95-8dd74329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。